大事にされている

テーブルの上のパソコン

今後も重宝される機器です

私達の記憶は必ずしも一定状態で維持される訳ではないため、口頭による情報伝達は不安定な伝達手段と言えます。そのため、様々な情報は何らかの媒体、例えば紙やCD、DVD等に記録した上で伝達することが有効です。また、記録されていない情報は情報に対する要求に応じて、その都度伝達を行う必要がありますが、記憶媒体は容易に複製することが可能です。CDデュプリケーターはCDの複製をする機器です。近年、インターネット環境の向上による音楽配信の普及によって音楽CDの売上が落ちていると言われます。しかし、情報伝達手段としてのCDは耐久性が高く依然として重宝されています。特に会議資料等を大量に複製して配布する必要がある場合等に今後もCDデュプリケーターの活躍が期待されます。

CDデュプリケーターで何でも複製できる訳ではありません

紙媒体のコピー機はコンビニエンスストア等は勿論、家庭内でも簡単に行われるようになりました。しかし、コピー対象である原稿に不備があると当然コピーした複製品も不良品になるので使い物になりません。また、著作権のある対象は複製が法的に禁じられています。CDデュプリケーターの使用においても同様で、オリジナルとなるマスターCD次第で複製が正常に行えないことがあります。例えばCD盤面に傷や指紋等が付着しているため読み取りができないとCDデュプリケーターは正常に機能しません。また、マスターCD作成に使用したCD自体が粗悪品であったり経年劣化等を起こしていても正常な複製の製作はできません。また、コピーガードがかかっている製品の複製もできません。