取り入れよう

デスクの飲み物やパソコン

工夫することで得られるメリット。

最近では、パソコンに保存されたデータを記録媒体へ移行する道具がたくさん出てきていますが、それこそ以前は、フロッピーデスクや、CDROMといった媒体しかなく、また要領も限られていたために大変管理に難しくあったと思います。こうしたUSBの登場により、大変システマティックに且つ、道具自体も大変コンパクトに利用でき、また、要領も大きいという大変使い勝手のよい商品が出てきました。そうした流れの中で、軽量化、容量がギガバイトに進むにつれ、それだけセキュリティの問題が欠かせなくなって来ました。それこそ消しゴムサイズと同等なのですから、用意に紛失の可能性、盗難の可能性があり、重要なデータを含む可能性があります。ですので、基本的には、社内だけで使用する等の工夫が必要でしょう。

現在の取り組みやトレンド。

そうしたUSBのセキュリティの観点から幅広くUSBにセキュリティキーが設けられる様になり、高度に進化しています。ですので、そうした意味合いにおいてはUSBのセキュリティに関しては安全と言えるでしょう。しかしながら、前述した様に基本的には、社内のデータを持ち歩かない、持ち運ばない等の業務上のルールを徹底した方がよいでしょう。また、家電量販店やコンビニ、スーパー等のありとあらゆるところにおいて、こうしたUSBはお求め出来ますが、やはり法人用のセキュリティ管理の高いUSBをお求めになるのも一つの方法でしょう。インターネット上で検索いただくと本当に多くの企業が参入しているのがわかると思います。是非参考にしてみて下さい。